LPガスとは・・・
 LPガス(LPG)とは、「Liquefied Petroleum Gas(液化石油ガス)」の略称で、プロパンやブタンなどの比較的液化しやすいガスの総称です。
高圧ガス保安法液化石油ガス保安規則(液石則)では、「炭素数が3つの炭化水素(プロパン、プロピレン等を指し…)または炭素数が4つの炭化水素
(ブタン、ブチレン等を指し…)を混合したものを主成分とするもの」を「液化石油ガス」と定義しており、製造、貯蔵時等における取扱いについて定めた
「高圧ガス保安法」、販売、設備工事、器具等について定めた「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」(通称「液化石油ガス法」)
があります。
 また、液化石油ガス法第14条では、新たにLPガス取引を始める際に、料金構成やその内容、設備の所有権などを消費者にわかりやすく書いた
書面(以下「14条書面」という)を交付するよう、販売店に義務付けています。
【交付書面の内容】
1.LPガスの種類
2.LPガスの引渡しの方法
3.料金
 設備の所有関係(どれが販売店所有で、どれが消費者所有か)
 設備、変更、修繕および撤去に要する費用の負担方法
 消費設備(ガス配管、給湯器、コンロなど)を販売店が所有している場合は
 消費者、販売店、保安機関の保安上の責任

14条書面には、上記のような重要な事項が書かれています。
14条書面の交付を受ける際は内容を十分確認し、不明な点は納得がいくまで説明を受けてください。

LPガスの利便性・安全性について
容易に供給可能なエネルギー

 LPガスは、液化された状態で容器に入っているので、運搬が容易です。そのため、全国津々浦々まで供給可能です。
 特に災害時には、どこにでも持ち運びできるLPガスの特性を大いに発揮し、さまざまな状況下で活躍しています!


火災等といった、二次災害をしっかり防ぎます

 阪神・淡路大震災では81件の火災が発生し、被害を大きくしました。
 しかしながら、被災地が100%LPガスを使用していた、能登半島地震の彩には、火災による二次災害の発生は1件も
ありませんでした。
 LPガスボンベが倒れたり、倒壊した家屋に埋もれたりしたケースはありましたが、揺れを検知するとガスを遮断する
マイコンメーターが取り付けられているため、火災をゼロにする事が出来ました。

都市ガス供給エリアにもLPガスの導入を

 都市ガスが供給されているエリアでも公共施設や指定避難所、あるいは民間の事業所等でLPガス施設が常置されていれば、日常的にも使用可能であり、
災害時には復旧活動の拠点として直ぐに活用できるという、大きな安心にも繋がります。

 平成22年11月には、都市ガス供給マンションで、大規模な震災に備えた災害対応LPガスバルクシステムが設置され、都市ガス供給市域における
モデルケースとして注目されています。

【参照 : 「災害対応型LPガスバルク供給システム」とは?】

 「災害対応型LPガスバルク供給システム」とは、LPガスのバルク貯槽と、供給設備(ガスメーター、ガスホース、圧力調整器など)・消費設備(煮炊き釜、
コンロ、暖房機器、発電機など)をセットにしたもので、地震や津波など大規模災害により電気や都市ガス等のライフラインが寸断された状況においても、
LPガスによるエネルギー供給を安全かつ迅速に行うことを目的として開発されたシステムです。

日本LPガス協会:災害対応型LPガスバルク供給システム 紹介ページ参照
ホームLPガスについて会社概要お問合せプライバシーポリシーサイトマップ
ご家庭のお客様へ企業のお客様へリフォームをお考えのお客様へ取扱い商品安心・安全ガイド
Copyright(C) 2014 KUMASAN. All Rights Reserved.